北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

今日は「Haskell入門ハンズオン!」の日です

今日は「Haskell入門ハンズオン!」の日です https://shinjukuhs.connpass.com/event/58224/へメンター枠で来ていますので、自分用のメモを残しておく。 はじめに / 木下さん #Haskel 講師重城さん+メンター5人居ます haskellでわからないことはteratailで…

去年の9月にconduitの演算子が変わっていた

conduitといえば $$ や $= =$= のような演算子を使い分けなければいけなくて 面倒だなものだと思っていた のだが、去年の9月から .| だけを使えばいいように変わっていた。これは直感的で使いやすい。 module Main (main) where import Data.Char (ord, chr,…

自由モナドの定義であるところの Control.Monad.Free.Church.foldF

圏論勉強会の資料 によれば、 と自由な構成 について、 を与えると が得られるとある。 自由モナドの文脈でこれを考えると、関手 からモナド (の構造を忘れて関手と思ったもの)への自然変換を定義すれば、自由モナド からモナド への自然変換(正確にはモナド…

IOモナドで使うときだけログを吐く関数を定義する

純粋な関数として定義できるんだけど内部でやってることが複雑な場合、何が起きてるかわからないと心配だからとログを吐く機能をつけると、その時点でそいつは IO アクションになってしまう。ログを吐くという副作用を持つのだから IO になるのは当たり前で…

C言語の多次元配列の型はどう読むのか

C

int a[2][3] って、「整数2個の配列( int a[2] )を 3個の配列( [3] )にした、と読めるけどどうなのか1。 http://www.open-std.org/jtc1/sc22/wg14/www/docs/n1124.pdf と比べて確認。 116ページのArray declaratorsの節によると、 T D[n] という形式のときは…

man introとcalコマンド

月末って何曜日だっけとかってときいつもgoogleカレンダー開いてたんだけど、これでいいじゃん。知らなかった・・・。 ubuntu:~$ cal May 2017 Su Mo Tu We Th Fr Sa 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 …

VMWareのインストール

最近ずっとVirtualBoxを使っていたのだけど、3Dアクセラレーションを有効にするとOpenGLがまともに動かなかったので、代わりとして久々にVMWareを入れてみた。 Ubuntu 17.04 を入れたんだけど、 Install VMWare tools が動かなかったので、 /media/ユーザ名/…

monadiusを動かす

12年前に書かれた http://www.geocities.jp/takascience/haskell/monadius_ja.html を手元で動かした。と言っても、ほぼ手を加えずにそのまま動いた。 $ diff -ur monadius.BK/ monadius diff -ur monadius.BK/src/Main.hs monadius/src/Main.hs --- monadiu…

shu-thing (シューティングもどき) を動かす

12年前にhaskellで書かれた shu-thing を手元で動かした。と言っても、ほとんど何もせずに動いてしまった。 @@ -10,6 +10,7 @@ import System.Process main = do + getArgsAndInitialize keystate <- newIORef [] cp <- newIORef (openingProc keystate) ini…

久々にoptparse-applicative使った

いつも optparse-applicative ってどう使うんだっけって悩むのだけど、 philoponさんのエントリ を見ながらやるとトップダウンにコードを書けてすごくよかった。

Mac Pro と BRAVIA の HDMI 接続

Mac Pro(ゴミ箱) と sony の BRAVIA を HDMI で繋いでいるのだけど、まったく安定しない。具体的に言うと、認識しないことがほとんど。BRAVIAとMac Proの電源をON OFFしつつHDMIケーブルをポートを変えつつ何度も何度も何度も何度も何度も何度も差し替えると…

Slackのstarとmute、joinの使い方

最近チャネルが増えてSlackを見るのが大変だったので改善した。社内で投稿したものだが、設定を変えてから快適になったので紹介する。 変更前のチャネルの管理方針 重要っぽいかそうでないかでなんとなく分けていた。大事っぽかったらstarで、大事じゃないけ…

VS 2017でrustを使う

Surface Studio に rust をインストールしようと思ったんだけど、 Microsoft Visual C++ Build Tools 2015 が要るらしい。せっかくなので Visual Studio 2017 使おうと思って探したんだけど、パッケージングの仕方が変わってるぽい。 まず、 このエントリ の…

Alternative preludes

Alternative preludes – Haskell – Aelve Guide Preludeの代替品の評価。どれも一長一短感ある。 自分のモチベーションはpartial functionよりも Text なんだけど、 Text にまとめたいと思いつつも、結局パッケージを使う以上は現状では String からは逃れら…

textlint の導入

textlintで日本語の自動校正サービスを作ってみた! | それいけ!フロントエンド 以前面倒だと思ってやってなかった textlint だけど、こちらのエントリの通りやったらさくっと動いた。 ざっくり手順。 npm の作法を知らないのが怖いところだけど、まあ、オ…

Server::Starter を利用できるサーバの実装

http://qiita.com/hiratara/items/2dacf8470c378b130d5c に書いたとおり。 下回りが苦手なので色々調べたのだけど、今回もGREEの https://github.com/gree/haskell-prefork なるリポジトリが役に立った。 fork するだけじゃんと思って中を読むと、環境変数仕…

wai-graceful

wai-graceful の仕組みを眺めた。 warp 側に手を入れずにどうしてるのかと思ったら forkIO してサーバスレッドを別で立てといた上で、シグナル受け取ってからリクエスト捌き終わるまでメインスレッド残すのね。リクエストの処理が強制終了されることがないも…

Windows 上での getChar のための no-buffering-workaround パッケージ

hiratara.hatenadiary.jp エンターキーを押さないとキー入力を受け付けてくれない。大昔からチケットが上がっていて、 今日気がついたのだけど、Hackageにいい感じのパッケージが上がってる。 no-buffering-workaround: Workaround for GHC bug #2189. 使い…

Unit への implicit conversion

内容はともかく気になったのが、 def A_B_Cのつもりで書いた間違っているのにビルドが通る例(): Future[Unit] = { funcA() .map { _ =>funcB()} .map { _ =>funcC()} // ※たとえでこう書いていますが、本来はfor文とかを使いましょう // ※返値の型は本当はFu…

`stack setup --upgrade-cabal` した

lts-7.19 使ってたら嫌な感じのエラー。 /tmp/stack25595/cairo-0.13.3.1/Setup.hs:8:29: error: • Couldn't match expected type ‘Distribution.Simple.UserHooks.UserHooks’ with actual type ‘Cabal-1.24.2.0:Distribution.Simple.UserHooks.UserHooks’ N…

"hSetBuffering stdin NoBuffering doesn't work on Windows" とのこと

完全に序盤で投げ出されているけど、Haskellでroguelikeを実装するエントリ。 https://github.com/jamiltron/Thieflike Haskell には https://hackage.haskell.org/package/LambdaHack っていうroguelikeがあって そっちのほうが真面目に作られてるのだけど…

msys2の最新版で [lost server] が発生

msys2 をアップデートしたら、 tmux でクリップボード周りを操作すると [lost server] 的なメッセージが出て死ぬようになってしまった。今までも何度かあったこととは言え、辛さに溢れる。 とりあえずこれの通り msys2 のランタイムのバージョン下げたら直っ…

MSYS2でHDBC-sqlite3をコンパイル

当然のことながら、msys2のshellではなくmingw64のshellから操作する。 まず、 sqlite3 を入れる。 pacman -S mingw64/mingw-w64-x86_64-sqlite3 後はビルドするだけなんだけど、2点注意がいる。 --extra-include-dirs と --extra-lib-dirs にmingw64関連の…

AllowAmbiguousTypes拡張と型適用

このように f を定義して実行したい。 f :: String -> String f = show . read main :: IO () main = putStrLn $ f "True" エラーが出る。 Prelude> :l test.hs [1 of 1] Compiling Main ( test.hs, interpreted ) test.hs:5:5: error: • Ambiguous type var…

ConnectionFailure getAddrInfo: does not exist (Name or service not known) が出た

vagrantで ubuntu/zesty64 を使ったら、 https://github.com/commercialhaskell/stack/issues/2536 的なメッセージが出てかなりの高確率で stack setup に失敗した。 そもそも安定版使ってないほうが悪かったので、 ubuntu/xenial64 使うようにしたら収まっ…

2017年センター試験英語

最近ひどく疲れているので http://www.toshin.com/center/ から英語を解いた。リスニングが42点で筆記が169点。おもったよりひどくないと思ってしまったけど、本来満点取らないと駄目なやつだよね、これ。現役の頃を思い出して気分転換にはなったので良しと…

stackのコードを読む(3)

リソルバのダウンロード先URLのデフォルトは Stack.Config.Urls で定義されているがコンフィグで上書きできる リゾルバはYAMLでこんな感じで全パッケージとバージョンが書かれてる packages: drawille: .. 省略 .. version: '0.1.2.0' .. 省略 .. descriptio…

ghci 7.10 と 8.0 のレコード記法の違い

DuplicateRecordFields を実装した影響だと思うけど、 ghci で重複するレコード名を定義したときの振る舞いが 7.10 と 8.0 で違ってる。 まず 7.10 。「フィールド定義が消される」という振る舞いに見える。 $ stack --resolver ghc-7.10 ghci Configuring G…

stackのコードを読む(2)

stack.yaml はどこで読むのか Runner.hs#withBuildConfigAndLock なんてのがあって、ここで読んでいる。実際に読んでいるのは Config.hs#loadProjectConfigとかで、こいつが FromJSONのインスタンス になっていてパースしてる。設定の優先順位とかは この辺 …

stackのコードを読む

stackのコードを読んでるのでメモ。まだ全然肝心なところに入ってない。 パーサーでコマンドライン引数をパースして、パースの結果として得られる関数を実行する作り optparse-applicativeをフォークして使っている なんの処理を加えてるのかは読んでない 例…

Data.List.(\\)

(\\) という演算子 *1 でリストの差を取れるのだけど、こいつは最初の出現しか削除してくれない。というのを知らなくて、バグった。 Prelude> import Data.List Prelude Data.List> [1, 2, 2, 3, 3, 1] \\ [1, 2, 3] [2,3,1] 複数引くとその個数だけ消える。…

式と型と値

JavaもHaskellも静的型付けの言語だけど、Javaをやっている人とHaskellをやっている人で、「静的型付け」という言葉で頭に描くイメージはだいぶ違うと思う。 じゃあどう違うのかってのを説明すると小難しい話になりがちなのだけど、Haskell 2010 Language Re…

Surface Studio の電源が落ちた

昨日の午前中までは安定していたSurface Studioが、昨日の午後から突然画面が暗転するようになってしまった。初めスリープから復帰できずにシャットダウンしたので、 Surface Book がスリープからの復帰がかなり不安定だったこともあってそれと同じかなくら…

ghcと文字コードとWindowsと

ghc さんは、エラーメッセージに ascii の範囲外の文字を平気で使ってくる。これ、環境によってはハマるので勘弁して欲しい。具体的にはWindowsなんだけど。 例えばこんなメッセージ。 Prelude> 3 / 4 :: Int <interactive>:1:1: error: • No instance for (Fractional In</interactive>…

入門Haskell(10年前の本)

久々に入門Haskellのsamegameを作る章を読んだ。本を買った当時は頭に入ってこなくて流し読みしかしなかった記憶があるけど、今読むと書いてあることはシンプルだった。 この本に問題があるわけではなく10年前の本なので当たり前だけど、なんだかなあと思う…

tls周りが遅くて悲しい

昨日のプログラム のプロファイリング取った。 ... tlsManagerSettings Network.HTTP.Client.TLS 51910 0 0.0 0.0 87.7 92.5 mkManagerSettings Network.HTTP.Client.TLS 51911 0 0.0 0.0 87.7 92.5 ... decodeLenient Data.ByteString.Base64.Lazy 55231 0 …

ストーカー、始めました

冬休みの工作。 lotz84さんが https://github.com/lotz84/haskell/ のHaskellのブックマークをガンガン更新していて、これはいいものだと思ったのでストーカーするバッチを書いた。 soozy.slack.com *1 の #haskell というほとんど誰も使っていない部屋に更…

Surface Studio を買った

ここ数年年末に散財することが多いのだけど、今年は Surface Studio を買った。Surface Pro3、Surface Bookと買い進めてSurface製品の3台目。 10/26 日の発表直後にpreorderして、手元に届いたのは 12/19 だった。i7のモデルを選んだので、本来発送開始が来…

AWSにドブ課金するよ

AWS を含めたクラウドは商売のやり方が昔から本当に嫌いで個人では絶対触りたくないのだけど、そうも言ってられない時代なので今後はどっぷりと課金していく決意をする。 久々なので IAM 周りを色々と見て、問題なさそうなことを確認。 http://dev.classmeth…

ResourceTのコードリーディング

雑に読んだメモ。だいたい構造わかったので満足。 Readerモナドを自前で定義している 開放用のアクションを登録するマップを保持 RefCount は fork 用のリファレンスカウント、 NextKey はリリースに必要なキーの採番用 前者は minBound から加算、 後者は m…

はてなダイアリーからはてなブログに移行した

ようやく重い腰を上げて http://d.hatena.ne.jp/hiratara を http://hiratara.hatena.diary.jp へ移行した。かなり枯れてきてるので移行しても問題は起きないだろうし、markdownに対応されてるのは便利。はてな記法とか覚えてないし。 http://hiratara.githu…

$&のpodはきちんと読むべき

心に傷を負ったのでこれを記しておく。 The use of this variable anywhere in a program imposes a considerable performance penalty on all regular expression matches. perlvar perl5.18なら直ってるみたいな噂も小耳に挟んだけど変わらなそげ。手元のp…

「アドテクノロジー開発現場の話」を聞いてた

同僚である@myfinderさんが登壇した、Tech Compass【Vol.07】に出席してきました。マイナビさんにレポートをあげていますので、興味のある方がいらっしゃいましたらご覧ください。 超絶トラフィックをミリ秒で処理する、アドテクノロジー開発現場の話 合わせ…

確率と測度

定義を忘れないようにまとめ。用語とかは以下の本のもの。はじめての確率論 測度から確率へ佐藤 坦 Ωを標本空間となる集合とする。これは任意の集合でよい。 σ-集合体 Ωの部分集合の集合B⊂P(Ω)がσ-集合体 ⇔ Ω∈B、a∈B⇒a^C∈B、A_k∈B⇒∪A_k∈B (加算無限和) σ集合…

lambdabot-hipchat-plugins

HipChatを使う機会があったので、lambdabotをHipChatへ組み込むプラグインを書いてる。とりあえず年内ぎりぎりでなんとなくは動くようになった。以下、この件に関するメモ。 HipChatのAPI WEB APIとXMPPが使える。メッセージのストリーミングはXMPPを使うこ…

今日は「秋のエンジニアぶつかり稽古 2013」の日です

@__kanさんを見に来てます。メモを取る必要のあるイベントかわかりませんが、一応。 行事の内田さんより YAPCでのカヤックさんの企画 かん関とあんちぽ関の取り組み 「俺の本気を見せてやる」プレゼンタイム 吉高由里子と僕 / @hisaichi5518さん コピペ辛い→…

ペアプロの新ジャンル「ぶつかり稽古」の面白さ

秋のエンジニアぶつかり稽古 2013で横綱級エンジニアのペアプログラミングを見てきたのだけど、これが想像以上に面白かった。他のイベントでもドンドンやるべき。「ぶつかり稽古」はあんちぽさん(@kentaroさん)が考案した新しいエンターテインメントペアプロ…

関手圏からHaskへの関手

こんな感じでいいのかな。 class HFunctor hf where hfmap :: (Functor f, Functor f') => (forall t . f t -> f' t) -> hf f -> hf f' 以下は、型bを固定した時に定義できる関手F_bで、Functor fを型f bに移すような関手の定義。 data FunctorB b g = Funct…

Mouse-1.3でMooseと挙動が違うコード

コンフリクトした場合はスーパークラス側のメソッドが優先されるべきなんだけど、"Hage te nai"が出力される。 package Role1; use Moose::Role; sub hage { "Hage te ru" } package Role2; use Moose::Role; sub hage { "Hage te nai" } package Super; use…

I/Oストリーミングライブラリの実装の基礎 - 後編

前回の続きである。予告通り、2つのストリーミングの「出力」と「入力」をつなげる処理、そして、ストリームの命令列を解釈する処理系を実装する。 2つのストリームを1つにする(考え方) 「出力」と「入力」をどうくっつけるといいのか。それぞれのストリーム…