北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

cocoaでウィンドウ

cocoaで初めてのウインドウを作るプログラムをやってみた。なんか、めっちゃくちゃ癖があるなぁ。



InterfaceBuilderで.nibと言うシリアライズ化されたGUIインスタンスを保存しておくと言うのと、Outletの考え方が独特。GUI部品はcocoaが管理するので、名前をつけたりコードを書いたりすることは出来ない(この本で、今のとこは)。代わりに、コントローラ用のクラスにOutletと言うGUI部品へのポインタ変数を用意しておいて、そいつにInterfaceBuilderでGUI部品を関連づけましょうということらしい。Outletには変数名がつけられるので、プログラムからはその変数名を利用してアクセスするんだってさ。