北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

starting Haskell 顛末記

疲れたので先週一週間の動きを箇条書き。

  • コンパイラが必要。評判からghcを選択
  • macbook Proに入れようと試みる
  • MAC miniに投入してssh経由で使うか
    • finkから突っ込もうと思ったけど、バージョンがふるいからやめ
    • ghc-6.4.1dyn-powerpc-apple-darwin.tar.bz2を突っ込んだが、リンカでシンボルが見つけられず動かない
    • どうやらXCode2.0が必要らしい。せっかくだからtigerを入れることを決意*1
    • tigerを入れたら家のネットワークが全滅orz 。bindの設定が上書かれたみたい。頑張って復旧。
    • これでok・・・と思ったら動かない。静的ライブラリがリンクできない?
    • 諦めてGHC-6.4.1.pkg.zipを投入。やっと動くようになりました。

結論。

  1. macbook Proな人は自分でビルドすると死ねるのでもう少し待つのが無難
  2. tar ball版はなんか動かないので、かっこつけずパッケージ版を入れること

なんか先週から、仕事でもプライベートでも、インストール運が非常に悪いです。

*1:ここで横道にそれてしまったのが敗因かも?