読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道苫小牧市出身の壮年PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

プログラミングの魔導書 / Vol.1 Construct the World, C++

C++

プログラミングの魔導書 〜Programmers' Grimoire〜 Vol.1 「Construct the World, C++」献本感謝です!

本書は id:faith_and_brave さんもおっしゃっているように、不定期刊行のプログラミング雑誌の創刊号です。今号のテーマはC++ですが、その充実っぷりはかなりのもの。

名立たるC++ブロガーに加えて、C++標準化委員会のメンバ複数名が筆をとっている時点で大変価値のある内容と言えますが、なんと冒頭には Bjarne Stroustrup 氏の独占インタビューまで掲載されています。これを読むためだけに買っても価値があるのではないでしょうか。

個人的に(≒C++の素人的に)面白かったのは稲葉一浩さんの Hello, C++ World! で、これは同名のブログエントリをベースにした記事ですが、解説の密度がまったく違います。Hello, worldだけでここまで語れる言語は珍しく、ぜひ読んでおきたい記事の一つだと思います。

他、いまどきのメタプログラミングに関する話や、海外のカンファレンスの参加方法の紹介記事等、C++を扱うエンジニアが今を生きるための旬の情報が詰まっています。電子書籍版もありますので、iPadに入れて持ち歩き、朝夕の通勤時間に1記事ずつ読むのにちょうどいい内容です。

ただ、これだけ創刊号が豪華だと気になるのは、本誌の今後の動向に関してです。今回は言わば"十八番"のC++がテーマであり、文句無しの内容に仕上がっています。しかし、言語を限定しないプログラミング雑誌を狙うのであれば*1、他言語との温度差が大きくならないよう、他言語においても充実したコンテンツが求められます。次号以降の内容にも注目したいところです。同誌では寄稿も募集しているようですので、理念に賛同する方は寄稿して貢献するのもよいでしょう。

*1:個人的には、せっかくなのでこのままC++の専門雑誌となるのもよい気がしますが:D