読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道苫小牧市出身の壮年PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

YAPC Asia 2012 の感想

まず941さんと牧さんを始めとする運営の方々、今年も本当にお疲れさまでした。これだけの数のエンジニアが一堂に会して交流できる場は他にはありません。今年もいい経験になりました。

さて、個人的な観点から見て、今年のYAPCで大きく変わったのはgihyo.jpさんのレポーター陣です。ここ2年は私の知っているPerlにある程度詳しそうな方を連れて来て2人でレポートするという状態が続いたのですが、今年はYAPCPerlコミュニティから多少離れた立ち位置にいる4名に集まって頂けました。イベントの様子を臨場感を持って伝えるにはごく普通の参加者がレポーターを務めた方がよいというのが私の考えですので、今年のメンバーは本当に理想的だったと思います。まだレポートは完成していませんが、例年よりフレッシュな視点で書かれた記事を読むことができるでしょう。また、LT-thon関連のレポートに関しては、去年レポーターを務めた@ytnobodyさんが特別に寄稿して下さっています。こちらも読み応えのある内容に仕上がりそうです。

ただ、レポーターの人数は増えたものの今年はセッション数が多く、回れないセッションも多数ありました。これはセッションの優劣というわけではなく、たまたま回ることができなかったというだけです。レポートを楽しみにされていた方々には、申し訳ありませんでした。後日YAPCの公式から動画が公開されると思いますので、ぜひそちらを参照されて下さい。

最後に、今年もこのような機会を与えて下さった担当のk_takaさんを始めとするgihyo.jpさん、どうもありがとうございました。来年は@risouさんにもレポーター陣に入って頂けるといいですね!

To speakers and audiences from other countries, thanks a lot for coming to Japan. I'm glad to have a good time with you :)