読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

textlint の導入

JS node

textlintで日本語の自動校正サービスを作ってみた! | それいけ!フロントエンド

以前面倒だと思ってやってなかった textlint だけど、こちらのエントリの通りやったらさくっと動いた。

ざっくり手順。 npm の作法を知らないのが怖いところだけど、まあ、オプションまで含めてそのまま実行したら動いているので、多分大丈夫。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bashrc
$ exec $SHELL -l
$ nodebrew install-binary v7.7.3
$ nodebrew use v7.7.3
$ npm init --yes
$ npm install --save textlint
$ npm install --save textlint-rule-preset-ja-technical-writing spellcheck-tech-word-textlint-rule
$ vi .textlintrc
$ vi package.json
$ npm run -s lint    # 直前に package.json に登録した内容

package.json はこんなの。

{
  ...
  "scripts": {
    "lint": "textlint */*.md",
    "lintfix": "textlint --fix */*.md",  
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "dependencies": {
    "spellcheck-tech-word-textlint-rule": "^3.0.0",
    "textlint": "^7.3.0",
    "textlint-rule-preset-ja-technical-writing": "^0.1.3"
  },
  ...
}

.textlintrc はこんなの。

{
    "plugins": [
        "textlint-rule-preset-ja-technical-writing",
        "spellcheck-tech-word-textlint-rule"
    ],
    "rules": {
        "l-writing/sentence-length": false,
    "textlint-rule-preset-ja-technical-writing/sentence-length": false
    },
}

動くようになったので、後は好みの挙動にカスタマイズすればかなり便利に使えそうかな。