北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

Haskell入門のサンプルコードのLTS-12.0対応

つい半年前に最新のLTSへ対応したばかりなのに、気がつくと LTS-12.0 が出て、 ghc-8.4 を Stack から使えるようになった。コミュニティが活発で、非常にありがたいことである。

ということで、 Haskell入門 のサンプルもLTS-12.0に対応させたブランチを用意した。と言っても、いくつか Stackge の管理下から外れてしまったパッケージが出てきたのを調整したくらいで、コードは何も変更していない。

github.com

さらに素晴らしいことに、これらのコードはすべてWindows 10の最新の WSL 上で動くことを確認できた。macOS上で試すのと同様に、 Windows 上でも書籍上のコードをそのまま試せる のだ。10章の Spock を使ったWEBサーバも起動して localhost へアクセスして動かすことができる。Windowsが頑張ったのかGHCが頑張ったのかは確認してないが、どちらにしてもHaskellWindowsユーザでもハマりどころなく触れるようになったのは、本当によい時代が来たなあと思う。

それでは皆様、楽しいHaskellライフを。