北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

VSCodeからWSL上のRLSを使うメモ

悲しいことにうまく動せていない。時間が解決してくれる気はする。

その1. Remote WSL環境

開発者版 VSCode insiders が必要。 VSCode とは別のアプリとしてインストールできるので気にせず入れて良い。Remote WSL 拡張を入れればそれで終わり。

その2 で使う useWSL は使わない。ほぼうまく動くが、なぜか rustfmt による整形が動かない上に、 Output View へログを一行も吐いてくれない*1ので調査もできなくて困る。

その2. RLS拡張のuseWSLを使う

RLS拡張 が想定しているのはおそらくこちらの使い方。

しかし、まず rustup の PATH が通らない。 issue 上がってそう だけど放置されてる感。拡張の設定で rustup の PATH を WSL 内の full path にすればこの問題は対処できる。

次に嫌なのが、 WSL 内の windowsファイルシステムのマウントが /mnt/固定であること/etc/wsl.confroot 設定を書いていると動かせない。

root を変えるのが面倒でここで諦めてしまったが、使っている人がいる機能であるはずなので多分動かせば動くのであろう root を変えたら動いた。あと、当たり前ではあるがこちらだと、 windowsファイルシステムにプロジェクトを置かなければならないという制約がある。

*1:その2でもきちんと動くようになったあとはログが出なくなったので、エラーが起きないとログは吐かないという話のような気もする