北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

javaとperlのどっちを極めるべきか

最近そんなことを考えさせられる機会が多いんだけど、結論としてはどっちもメリットもデメリットもあると思う。



言語仕様として美しいのはjava、小案件の開発効率はささっと書くだけで動くperl、大規模案件で安定した開発のできる環境が整っているのはjava、WEBアプリとしての速度はmod_perl、COREとして用意されている機能が充実しているのはjava



規格が定まっていて情報共有しやすく、なんでもきっちりしてるjavaの世界。言語のシキタリに縛られず、自由でシンプルな発想を歓迎するperlの世界。



結局、CでもPHPでもVBでもshellでも、究極的にはインプットとアウトプットを核としたソフトウェアの根本的な考え方は変わらないわけで、必要に応じて使い分けれる柔軟さが大事なんだろうね。言語はあくまでも方法であって、目的ではないのさ。