北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

自分の開発環境用Vagrantfileを作った

qiita.com

ubuntuのインストール作業に勤しむ意味はないので、vagrantに任せることに。

ということでWindows上でvagrant使うことに決めたのだけど、Surface StudioとSurface Book 2の両方で環境構築するのはダルいので Vagrantfile 作って上げた。

github.com

最近はデフォルト厨なので Vagrantfile なんて要らんかなと思ったのだけど、細かい調整でハマって時間を潰してしまったりしたので、まとめることにした。細かい点とは、例えば以下の通り。

  • stackapt で入れない (コマンドを覚えられないのでググるのがめんどい)
  • init.elintero の設定をググらないと書けない
  • libtinfo-dev 入れないと intero が動かない
  • LC_ALL 指定しないと shell が日本語を受け付けない
  • .tmux.conf を適切に設定しないとキーバインドで俺が死ぬ
  • その他、今は忘れている暗黙知をこのリポジトリに集めて二度と同じハマり方をしないようにする

Windows 用にしているけど、OS Xでも使えるはず。とはいえ、OS X上ならVM使わずにローカルに開発環境作る気がする。