北海道苫小牧市出身の初老PGが書くブログ

永遠のプログラマを夢見る、苫小牧市出身のおじさんのちらしの裏

ROG Strix SCAR 15 G533 を買った

rog.asus.com

見ての通り、完全にゲーミングノートである。去年 Surface Book 3 を買ったばかり なので買う必要はまったくなかったのだが、コロナ禍のお陰で PC を触る時間が極端に増えたのと、 PS5 も switch のマリオレッド×ブルー セットも買い逃してついカッとなったと言うのもある。

ASUS ストアで買ったので、実は 30日返品保証 が使えるのだが、今の所返すつもりはない。最近の人にとっては違うのだろうが、自分にとってあくまでも PC は道具ではなく娯楽そのものであり、ワクワクするものである。そういう理由でつまらなくなった AppleMac を買うのを辞めてしばらく Surface シリーズを買い続けていたのだが、 Surface シリーズはいい意味で変態的ではあるが、あくまでも作業用の道具という枠を超えてない。いっそのこと娯楽に振り切ってしまってもいいのではないか、と思った次第である。

キーボードが US 配列なのも決め手となった。スペックは申し分なく(Ryzen 9 5900HX)、もちろんゲームができるが、開発環境としても快適に使える。 Surface Book 3 と比べると解像度や画面の縦幅が狭かったりするが、 WSL2 と Docker 、 VS Code さえ入れてしまえば立派な開発機となる。 2 Kg を超えバッテリーも重いので持ち運びに優しいとは言えないが、ギリギリ不可能ではない範囲に入るだろう。カメラがないことは注意が必要かもしれない。とは言え、プログラミングをやるようなコミュ障な人間が、何を好んで自分を撮る必要があるのか。不要だろう 1

そして、光る。誰がどういう理由でコンピューターを光らせ始めたのかとんと検討もつかないが、カラフルな光を見つめるのは楽しい。白状すると、加湿器も LED で 7 色に光るものを使っている。センスがない、もしくは中2なのかもしれない。いずれにしても、本人が満足していれば、それでいいのだろう。

ROG Strix SCAR 15 G533


  1. 冗談はさておき、コロナ禍で在宅勤務をすることを考えるとカメラは重要で、これ一台でコロナ禍を乗り切るのは厳しいだろう。